オリジナル付箋(ふせん)・ミウラ折り・ノベルティグッズの実用新案本舗(東京)

製品コラム

2019年になりました

紙の料金が上がるという、印刷業界に激震が走った2019年初頭。
一般の生活においても紙はまだまだ重要ですが、我々の業界は如実にその影響を受けています。
印刷物の減少が囁かれる中、紙の値上げはますます追い打ちをかけられた状況です。
来年は東京で大きなイベントが行われるというのに、現実は明るい話題が乏しい毎日です。
そうはいっても付箋の消費量は減少する事は無く、むしろ増えているという状況です。
わたしのパソコンの画面にも多数の付箋が貼付けられています。一日の予定、その週の予定、一カ月の予定などです。

コピー機にミスプリした裏紙をセットして出力している人を良く見かけますが、一度機械を通した紙を再利用するという心意気は買いますが、コピー機の故障の原因になるので裏紙を使うのは控えた方が良いと思います。
結局機械が壊れてしまったら意味が無いですから。実際に再利用を繰り返す事で壊れた経験があります。
しかも劣化は如実で、あっという間でした。みなさんお気をつけ下さい。

 

 

COLUMN実用新案コラム関連記事

製品コラム

実用新案本舗のオリジナル付箋(ふせん) 人気ランキングベスト3(第2位)

★第2位「名刺型ふせん ペタットくん3号」 主にばら撒き用販促品、営業ツールとして選ばれているグッズ。 その名の通り名刺サイズの手帳型付箋。 スリットが入ったOPP袋セットなので、こんな使い方ができます。 ○営業マンが自…

続きを読む
製品コラム

ノべルティ商品とオリジナル印刷

秋晴れの季節なのに、…雨…多いです…今日も雨…。 こんな秋の夜長はお家で物思いにふけましょう。 今日はノベルティ商品とオリジナル印刷について考えてみました。 販促に良いノベルティってどんな商品だろう? ▷もらう側からすれ…

続きを読む
製品コラム

真夜中の小さな訪問者

先日、家の玄関に「ヤモリ」が出た。おおおお!なっ、お前なぜそこに⁉ 4㎝位の胴体に長いしっぽ、独特な手足にポージング…。ん?ちょっと可愛い…が家の中で初めて見たヤモリに困惑し、ドアを空けて出て行くよう促した…

続きを読む

まずはお気軽にご相談ください!

企画内容やターゲットに合ったノベルティ・デザインを
ご提案させていただく事も可能です。